分散参観Weekが終わりました

 3日間続いた「分散参観Week」も今日が最終日。コロナ禍の中、3日間を通して本当にたくさんのお家の方にご来校いただきました。ありがとうございました。本年度の最初の参観日は、「3密」を防ぐという目的から一斉の参観ではなく、日を分けて分散した参観日。森上小学校でもたぶん初めての試みとなりました。教室をのぞいてみると、いつもと同じ子どもたちの様子があり、いつも通りの授業を見ていただけたのではないかと思っています。それにしても、とりあえず参観日ができてよかったなと思います。この分散参観Weekを企画したころは、まだ学校が本当に再開されるのかが危ぶまれていた時期でしたので、形は変わりますがお家の方に無事学校の中を見ていただくことができ一安心です。
 関東圏、関西圏では、最近爆発的にコロナの感染者が増えてきました。長野県でもそれに由来する感染者が少しずつ増えています。もとのような学校生活や学校行事はもうしばらく行えないとは思いますが、それでも何とか工夫しながら、これからも歩んでいきたいと思います。

2020年07月22日