9月9日

 職員玄関の前に小さな椅子が置いてあります。花を飾ったり消毒液を置いたりしているのですが、今日はそこになにやらかわいらしいものが飾られていました。何だろうと思って見てみると、4年生が作った木工作品のようです。きっと、どんな作品をつくろうかなー、どんな工夫をしたらいいかなーと考えて作ったんだろうなと思うと、作っているときの表情までもが見えてきそうです。
 ところがしばらくしてその椅子の前を通ると、さっきまで置いてあった作品が消えていました。担任の先生に聞いてみるとどうやら教室から運び出す時に一時的においていたとのこと。子どものアイディアあふれる作品はワクワクするのになーと思い、ちょっと残念。でも、みんなの作品は展示会に出されるということです。きっと、みんなに喜んでもらえるでしょうね。

2020年09月11日